お知らせ

  • 手術後の嘔気嘔吐(PONV)について 〜内科的視点から⑦ New
    トピックス

    安心・安全な手術を受けるために
    シリーズ 7

    大室整形外科では、手術後の嘔気嘔吐(PONV)の治療に、2021年10月より使用可能となった薬剤 オンダンセトロン を導入しました。

    Q:PONVとは?

    • A:手術後24時間以内の嘔気、嘔吐のことであり、PONVと略します。
      場合によっては24時間以上続き、食事やリハビリの開始の延期、
      誤嚥性肺炎の増加などにつながる恐れがあります。

    欧米と違い日本では長く制吐剤のPONVの予防投与の保険適応がありませんでした。

    欧米ではかなり以前からPONVの予防と治療の両方に使用されてきたオンダンセトロンですが、
    この度ようやく日本でPONVの治療のみに使用が認められるようになりました。

    PONVは術後の疼痛と並んで、患者さんにとっての患者体験・手術体験に大きな影響を与えます。

    術後の疼痛や嘔気が強いとトラウマになることもあり、
    今後の病気への考え方、付き合い方に影響を及ぼすことも出てきます。

    そこで、大室整形外科では患者さん一人ひとりの危険因子を見極めながら、
    必要な患者さんには新規薬剤を導入することでPONVを減らし、
    より良い術後の改善を目指します。

    ※ 疼痛(とうつう):身体に何らかの異常や異変が生じているときに感じる痛み

    PONVは予防なしでは 全身麻酔後患者さんの30%、
    高リスク患者さんでは最大80%の頻度で発生

    PONVが起きる仕組み

    手術関連の薬剤が様々な経路を通って嘔吐中枢に働きかける、薬剤誘発性の嘔吐の一種
    と考えられています。

    危険因子

    ● 患者要因(成人)

    成人患者さんで以下のいずれかに該当する場合は、PONVが起きる要因となります。

    ①女性、②非喫煙者、③過去にPONVまたは乗り物酔い経験、④手術後に鎮痛目的のオピオイド(麻薬)の使用、⑤年齢:50歳未満

    ● 麻酔要因

    また、麻酔によってもPONVが起きる可能性があります。

    全身麻酔、揮発性麻酔薬、揮発性麻酔薬による長時間手術、ハイリスク患者に対する笑気の使用、手術後のオピオイド(麻薬)使用

    当院患者さんは上記の患者側危険因子を1つ以上もつ方が多く、
    今後PONVを経験した患者さんには迅速にオンダンセトロンを
    投与して症状の軽減に努める予定です。

    オンダンセトロンとは?

    • ①予防薬としてはPONVの発生頻度を25%程度低下させる効果があります。
    • ②治療薬としてはPONVを経験した患者さんの約40-60%に有効でした。
    • ③副作用:海外の治験では頭痛、倦怠感、便秘が多くの患者さんに見られましたが、日本の治験ではいずれも1%未満の頻度でした。そのため、基本的には安全な薬剤です。

    参照 : UpToDate

    参照 : 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議 公知申請への該当性に係る報告書

    手術について不安に思われることがありましたら いつでも内科にご相談ください。
    ※ お近くのスタッフにお声がけください。

    シリーズ 『内科的視点から』 
    トピックス一覧

    手術について不安に思われることがありましたら
    いつでも内科にご相談ください。
    ※ お近くのスタッフにお声がけください。

最近の投稿

カテゴリー

月別リスト