お知らせ

  • 診療担当医表を【8月・9月】に変更しました。 New
    お知らせ

  • 糖尿病と整形外科手術 〜内科的視点から New
    トピックス

    安心・安全な手術を受けるために
    シリーズ 2

    安心・安全な手術を受けるために シリーズ 2回目は、整形外科手術と持病について、
    患者さんの多くが抱える糖尿病をテーマに取り上げます。

    Q:糖尿病にかかっていますが
    手術はできますか?

    • A:血糖コントロールがよいほど安全に手術ができます。

      血糖コントロールとは、血糖値を適切な範囲に維持することです。

    高血糖は手術部位が感染症にかかりやすくなるリスク因子です。

    整形外科手術において、HgbA1c7.0(空腹時血糖140mg/dl以下、食後血糖200mg/dl以下)
    を超える コントロール不良の糖尿病患者さんでは
    普通の人の 2〜6倍 程度 手術部感染症にかかりやすいことが分かっています。

    引用・詳細:骨・関節術後感染 予防ガイドライン2015

    大室整形外科では、手術前後の血糖値を正常値に近づけるように様々な内科的対策をとっています。

    手術前の問診で

    • ・糖尿病の有無
    • ・降血糖薬の内服
    • ・インスリン使用歴
    • ・治療効果
    • ・HgA1c(直近3ヶ月程度の成績)
    • ・尿検査で尿糖やケトン体(インスリン分泌不足が強いと尿中に出現)の有無

    を確認し、どの程度 入院後の血糖コントロールに力を入れるべきかを判断しています。

    およそHgbA1c7.0以下の患者さんは、他の患者さんと同様に安全に手術できると判断します。

    逆にすでに糖尿病と診断され加療中の患者さんやHgbA1c7.5以上の患者さんは
    入院中食事前に血糖値を測定し、短期的にインスリン投与を行うようにしています。

    また、手術の緊急度によりますが、時間に余裕があれば
    HgbA1c8.0以上の患者さんは かかりつけ医や他の糖尿病内科医師と連携し、
    血糖値をより低値で安定させてから 手術に望んで頂くようにしています。

    より安全な手術のためにご協力をお願いします。

    HgbA1c値7.0以下7.5以上8.0以上
    安全に手術できる
    と判断
    短期的に
    インスリン投与
    血糖値をより低値で
    安定させてから手術

    ※ 上記は目安であり、入院後の血糖測定の結果に従いインスリン投与の有無の判断をします。

    なお、患者さん自身の対策として、入院中に間食を避けたり、
    ご飯量を減量することでも血糖値の過度な上昇を予防することが可能です。

    一方で、術後 思うように食事摂取ができず、
    降血糖薬やインスリンの効果で低血糖症状(意識レベル低下、動機、冷や汗)などが見られた場合は、
    至急看護師・医師にお知らせください。

    その他、糖尿病でお困りのことがありましたら いつでも内科にご相談ください。
    ※ お近くのスタッフにお声がけください。

    次回:「心疾患と整形外科手術 〜内科的視点から」

  • 整形外科手術を受ける上での心構え 〜内科的視点から New
    トピックス

    安心・安全な手術を受けるために
    シリーズ 1

    大室整形外科では “「歩く」ことで人生を味わい深いものに” をキャッチフレーズとして
    診療に当たっています。

    では 「歩く」こと はどうしてそんなにも
    重要なのでしょうか。

    歩くスピードと寿命の関係

    2011年に発表された「Gait Speed and Survival in Older Adult」という論文によると、
    歩くスピードが速いほど寿命が長いことが明らかになりました。

    これは、1986-2000年に集められた65歳以上の34,485人を対象にした
    9つの観察研究を統合した結果、得られた知見です。

    引用・掲載:アメリカの科学雑誌『The Journal of the American Association』
    Studenski S, Perera S, Patel K, et al. Gait Speed and Survival in Older Adults. JAMA. 2011;305(1):50–58. doi:10.1001/jama.2010.1923

    では、逆に歩きにくくなると
    どのようになるのでしょうか。

    ロコモと介護の必要性や生活習慣病

    人間が 立つ、歩く、作業する といった、広い意味での運動のために必要な身体の仕組み全体を
    運動器 といいます。

    運動器は 骨・関節・筋肉・神経 などで成り立っていますが、
    これらの組織の障害によって、立ったり歩いたりするための身体能力(移動機能)が低下した状態
    ロコモ(=ロコモティブシンドローム)と呼びます。

    引用・詳細:日本整形外科学会 https://locomo-joa.jp/locomo/

    転倒、骨折や関節などの病気でロコモが進行すると、

    • 将来介護が必要になるリスクが高くなります。

    また、歩く能力が低下すると内科的には筋肉量や活動量が低下し、

    • 肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の発症や悪化につながっていきます。

    歩くというのは実は 非常に複雑な行為で、
    筋肉、神経系、呼吸、循環器系など 多くの臓器を使用しています。

    そのため、歩くと 心肺機能が向上し、体重を維持し、リラックス効果があり、
    骨密度を高めるなどいろいろな効用があるとされています。

    ロコモの原因となる運動器の病気

    • 骨: 骨粗鬆症、骨折
    • 関節軟骨・椎間板: 変形性関節症、変形性脊椎症
    • 脊椎と神経: 脊柱管狭窄症

    引用・詳細:日本整形外科学会 https://locomo-joa.jp/locomo/

    大室整形外科では上記の疾患に対し、
    リハビリテーション投薬
    そして
    必要な患者さんには手術を行っています。

    しびれや痛みをどうにかしたい。歩けるようになりたい。など
    患者さん一人一人が違った思いで手術を決断されるとは思いますが、
    手術は症状の改善だけでなく、上記のように ロコモを進行させないなどの長期的な効果
    をもたらすという点においても非常に重要です。

    今後の連載では、内科疾患 と 整形手術 の関係や、
    内科医が院内で行っている 手術が安全に行われるために気を付けていること
    みなさんに解説していきます。

    次回:「糖尿病と整形外科手術 〜内科的視点から」

  • 血液内科の専門医 望月医師を招聘し、より安全・安心な手術環境を整えました。
    トピックス

    大室整形外科では、2021年6月より月曜日・木曜日の週2日、
    主に手術患者さんに対して、 内科医 望月医師による診察 をはじめました。

    この診察では、

    • ・安全に手術できるかどうかの見極め …①
    • ・治療中疾病の対応、術後の合併症の予防 …②
    • ・術後に合併症をおこしていないかの診断、万が一おこした場合の治療 …③

    などを行うことを目的としています。 それに加え、

    • ・術前に未治療・未診断の疾患の説明を行ったり、検査ができる医療機関の紹介 …④

    を行うことが可能となり、患者さんがより安心して手術に臨めるような環境が整いました。

    ① 安全に手術できるかどうかの見極め

    手術前の検査や診察のカルテなどから、普段の血圧・血糖が正常か、喘息・不整脈・心不全等があるか、
    また、治療中の疾患を確認し安全に手術できるかを見極めます。

    [ 例 ]

    心臓機能が低下している場合
    提携している辰巳内科やかかりつけ循環器内科と連携し、
    心不全の予防を行ったり、治療を継続し安全に手術できるよう準備します。
    不整脈の場合
    血液をさらさらにする薬剤の中止のよしあしや、適切な期間を設定します。

    ② 治療中疾患の対応、術後の合併症の予防

    手術予定患者さんに治療中の疾病があれば、安全に手術が行えるように体調を整えます。
    これは術後の合併症の予防にもつながります。

    [ 例 ]

    糖尿病の場合
    手術部位の感染症予防のために、血糖を安定させます。

    ③ 術後に合併症をおこしていないかの診断、万が一おこった場合の治療

    万が一当院で対応できない合併症は、高次医療機関へ

    ④ 術前に疑いのある疾患の説明を行ったり、検査ができる医療機関の紹介

    手術前の検査から、隠れた疾患が発見できることもあります。

    [ 例 ]

    高血圧・糖尿病の場合
    かかりつけ医を紹介します。
    貧血の場合
    疾患の疑いがあります。胃カメラ・大腸カメラのできる施設を紹介します。

    その他、最新のICT(情報通信技術)を活用し、スタッフ同士のコミュニケーションをより円滑にすることで
    リスク症例を共有し安全性を高めたり、緊急時に迅速に対応できるようにするなど、
    患者さんがより安心して手術に臨めるような環境を整えています。

  • 【緊急告知】面会禁止 -新型コロナウイルスを含む感染症予防・拡散防止のため-
    お知らせ

  • / 読売新聞 / 腰部椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症について
    お知らせ

最近の投稿

月別リスト