お知らせ

  • 血液内科の専門医 望月医師を招聘し、より安全・安心な手術環境を整えました。
    トピックス

    大室整形外科では、2021年6月より月曜日・木曜日の週2日、
    主に手術患者さんに対して、 内科医 望月医師による診察 をはじめました。

    この診察では、

    • ・安全に手術できるかどうかの見極め …①
    • ・治療中疾病の対応、術後の合併症の予防 …②
    • ・術後に合併症をおこしていないかの診断、万が一おこした場合の治療 …③

    などを行うことを目的としています。 それに加え、

    • ・術前に未治療・未診断の疾患の説明を行ったり、検査ができる医療機関の紹介 …④

    を行うことが可能となり、患者さんがより安心して手術に臨めるような環境が整いました。

    ① 安全に手術できるかどうかの見極め

    手術前の検査や診察のカルテなどから、普段の血圧・血糖が正常か、喘息・不整脈・心不全等があるか、
    また、治療中の疾患を確認し安全に手術できるかを見極めます。

    [ 例 ]

    心臓機能が低下している場合
    提携している辰巳内科やかかりつけ循環器内科と連携し、
    心不全の予防を行ったり、治療を継続し安全に手術できるよう準備します。
    不整脈の場合
    血液をさらさらにする薬剤の中止のよしあしや、適切な期間を設定します。

    ② 治療中疾患の対応、術後の合併症の予防

    手術予定患者さんに治療中の疾病があれば、安全に手術が行えるように体調を整えます。
    これは術後の合併症の予防にもつながります。

    [ 例 ]

    糖尿病の場合
    手術部位の感染症予防のために、血糖を安定させます。

    ③ 術後に合併症をおこしていないかの診断、万が一おこった場合の治療

    万が一当院で対応できない合併症は、高次医療機関へ

    ④ 術前に疑いのある疾患の説明を行ったり、検査ができる医療機関の紹介

    手術前の検査から、隠れた疾患が発見できることもあります。

    [ 例 ]

    高血圧・糖尿病の場合
    かかりつけ医を紹介します。
    貧血の場合
    疾患の疑いがあります。胃カメラ・大腸カメラのできる施設を紹介します。

    その他、最新のICT(情報通信技術)を活用し、スタッフ同士のコミュニケーションをより円滑にすることで
    リスク症例を共有し安全性を高めたり、緊急時に迅速に対応できるようにするなど、
    患者さんがより安心して手術に臨めるような環境を整えています。

最近の投稿

月別リスト