脊椎
人工関節
肩・スポーツ
お問い合わせ窓口079-293-3355 診察時間
送迎バス運行開始
手術実績
もし、患者さんが自分の家族だったら、自分は何をすべきか
求人情報
FAQ
学会発表

椎間板ヘルニアでヘルニコアによる治療法を始めました

【腰椎椎間板内への酵素注入療法について】
椎間板内に薬剤を直接注入し、酵素の働きでヘルニアによる神経の圧迫を弱める治療法です。
当院では、この椎間板内酵素注入療法に「ヘルニコア」(一般名コンドリアーゼ)という薬剤を使用しております。

ヘルニアについて

ヘルニアについて

椎間板は脊椎の骨と骨の間にあり、クッションの役割を果たします。
その椎間板の内部に髄核と呼ばれる組織があり、外に飛び出すことで神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。

通常、髄核には保水成分が豊富にあるため、水分を含んで膨らんだ状態にありますが、
ヘルニコアの有効成分コンドリアーゼは、酵素の働きで髄核の保水成分(プロテオグリカン)を分解させ、
水分による膨らみを適度にやわらげます。

その結果、神経への圧迫が改善し、痛みやしびれが軽減すると考えられています。

椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア注入)の流れ

  1. 手術台に横になります。
  2. 体の位置を調整し、針を刺す場所を決めます。
  3. 消毒もしくは局所麻酔をします。
  4. ヘルニアのある椎間板内に針を刺し、ヘルニコアを注射します。
  5. しばらく安静にし、薬による副作用がないかなどの確認をします。
  6. (医師の診察を受け) 副作用など、問題が無ければ帰宅して頂きます。

※ 医師の判断で1~2泊の入院となる場合があります。

※ 施術後、軽い腰痛や発疹などが起きる場合があります。

※ 過去にヘルニコアによる治療を受けた方は再度ヘルニコアの治療を受けることはできません。

ヘルニコア治療の注意点

ヘルニコアの治療につきましては、医師の診察と指示が必要です。
過去にヘルニコアによる治療を受けた⽅は再度ヘルニコアの治療を受けることはできません。

また、以下に該当する⽅はヘルニコアの治療に注意が必要です。治療前に必ず医師に相談して下さい。

  1. ・アレルギー体質の⽅
  2. ・「腰椎不安定性」の疑いがあると医師から⾔われたことがある⽅
  3. ・変形性脊椎症、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症などヘルニア以外の脊椎疾患のある⽅
  4. ・骨粗鬆症、関節リウマチのある⽅
  5. ・妊娠中の⽅、妊娠している可能性のある⽅、授乳中の⽅

ヘルニコア以外の治療方法との比較

手術の種類術式麻酔入院日数保険適用
内視鏡下手術PED全身麻酔1泊有り7mm程度
内視鏡下手術MED全身麻酔1泊有り18mm程度
椎間板内
酵素注入療法
ヘルニコア局所半日有り針穴

医療関係者の方々へ

当院では地域の診療所や病院との連携を大切にいたしております。
手術前、手術後とも、患者さんにとっては自宅近くのかかりつけクリニックと連携し、治療を行うことが最善と考えます。
ご紹介いただく場合は、診察予約をさせていただきますので、電話またはfaxにて当院までご連絡ください。

TEL 079-293-3355/FAX 079-297-1717