脊椎
人工関節
肩・スポーツ
お問い合わせ窓口079-293-3355 診察時間
送迎バス運行開始
手術実績
もし、患者さんが自分の家族だったら、自分は何をすべきか
求人情報
FAQ
学会発表

診察案内

当院は脊椎疾患、関節疾患(特に人工関節)を中心として治療を行う有床クリニックです。
専門スタッフとともに、地域に根ざした整形外科診療を行なっていきます。

診療内容

最初に患者さんの病状をしっかりとお聞きし、適切な検査診療のもと、痛みや障害の原因となっている病態を評価し、診断を行います。


まずは体にメスを入れない治療、保存療法をベースに治療を考えます
投薬、注射、運動療法、装具療法など、患者さん個人に合った保存療法を考えます。

ただ、一旦すり減ってしまった軟骨は、自然に再生することはなく、保存療法を継続しても痛みが軽減しないことがあります。
痛みによる生活の障害が大きい場合は、手術療法を行うことになります。


保存治療をを続けている方や、術後のリハビリテーションはとても大切な要素です。
専門の理学療法士とともに、治療方針を立て、できるだけ痛みをやわらげ通常の生活にもどれるよう患者さんと一緒に努力します。


治療方法

保存療法

痛みが少ない場合は、痛み止めや注射、サポーターなどを使って、症状を軽減するための理学療法を中心に行います。
病巣の摘出や手術を行わず治療していきます。
適切な保存療法を続けることにより、痛みなどの症状が改善することも多いです。

手術療法

神経の圧迫が強かったり、軟骨や骨の変性がとても強い場合、残念ながら保存療法で改善しない場合があります。
そのような患者さんには御本人、御家族との十分なインフォームドコンセント(説明と同意)のもと治療効果が証明されている手術療法を提案していきます。
専門のスタッフとともに、できるだけ患者さんへの体に対する負担を少なく確実な手術、入院治療を一緒に行っていきます。

当院では脊椎、関節疾患を専門に治療を行っておりますが、状況に応じて外傷や骨折などを含めたその他の整形疾患も受け入れております。
※セカンドオピニオン、サードオピニオンも快く承っておりますので、ご遠慮なくお申し出ください。

外来案内

骨粗鬆症外来始めました。

担当専門医師:坪山 直生 ( 京都大学名誉教授 / 日本骨粗鬆症学会認定医 )

月1回土曜日、当院他院医師からの完全紹介予約制です。

人工関節『専門外来』のお知らせ

毎週 月曜日 13:00-15:00(午後診)は
完全予約制です。

外来

  1. 月〜金 午前診 9:00 - 11:30
        午後診 13:00 - 15:00
        夕方診 16:00 - 18:00
     土  午前診 9:00 - 11:30 のみ
  2. 受付時間は各診療の30分前より行います。
  3. 外来は予約優先となっております。
  4. 専門外来・セカンドオピニオンはしっかりとお話、診断を行うため、予約をお願いします。
  5. 脊椎外来:大室医師、人工関節外来:横山医師

ご予約はこちらまで   079-293-3355

診察受付/外来担当医 診断申込書
事前に診療申込書をご記入のうえ来院して下さいますと、受付がスムーズです。