脊椎
人工関節
肩・スポーツ
お問い合わせ窓口079-293-3355 診察時間
送迎バス運行開始
手術実績
もし、患者さんが自分の家族だったら、自分は何をすべきか
求人情報
FAQ
学会発表

当院における人工膝関節置換術の特長

人工関節置換術とは、傷んで変形した関節を人工物で作られた関節に置き換える手術です。

その手術を受けることにより、関節が滑らかに動くようになり、多くの方は痛みから解放され、
日常生活を送り易くなります。

つまり、多くの場合、手術を受けることにより、
一番の目的である生活の質(Quality of life : QOL)が改善されます。

人工関節置換術には様々な種類があります。
患者さんに合わせて、また変形の程度に合わせて、最適と考える治療法を提供します。

全置換型置換術(TKA)と単顆型置換術(UKA)

現在当院で行っている膝の人工関節手術には、関節の内側、外側とも置換する
全置換型置換術(TKA : Total Knee Arthroplasty:画像A)
と、
主に傷んでいる内側のみ置換する
単顆型置換術(UKA : Unicompartmental Knee Arthroplasty:画像B)
があります。

変形が強く、膝の動きも制限され、靭帯も傷んでいる場合は全置換型を選択することが多いですが、
靭帯がほぼ正常に機能しており、膝の痛みは強いものの動きは大きく制限されていない場合は、
半分のみの人工関節、単顆型人工関節
を選択します。

自分の膝の動きがほとんど残されておりますので、
術後も可動域(膝を動かす事ができる範囲)が全置換型術後と比べて良く
また手術の傷、痛み、出血なども少なくて済むことが多いです。

全置換型、単顆型、いずれも長期耐用しますが、単顆型の場合、年月に伴い人工関節の緩みや、
外側関節に障害が生じた場合、再手術し、全置換型に置き換えることもあります。

このように全置換型、単顆型、どちらにもメリット、デメリットがあります。

どちらが適切な治療法かは、その方の状態によりますので、医師と相談の上術式を決定します。

医療関係者の方々へ

当院では地域の診療所や病院との連携を大切にいたしております。
手術前、手術後とも、患者さんにとっては自宅近くのかかりつけクリニックと連携し、治療を行うことが最善と考えます。
ご紹介いただく場合は、診察予約をさせていただきますので、電話またはfaxにて当院までご連絡ください。

TEL 079-293-3355/FAX 079-297-1717