脊椎
人工関節
肩・スポーツ
お問い合わせ窓口079-293-3355 診察時間
送迎バス運行開始
手術実績
もし、患者さんが自分の家族だったら、自分は何をすべきか
求人情報
FAQ
学会発表

手術用ナビゲーションシステム

手術療法

神経の圧迫が強かったり、軟骨や骨の変性がとても強い場合、残念ながら保存療法で改善しない場合があります。 そのような患者さんには御本人、御家族との十分なインフォームドコンセント(説明と同意)のもと治療効果が証明されている手術療法を提案していきます。 専門のスタッフとともに、できるだけ患者さんへの体に対する負担を少なく確実な手術、入院治療を一緒に行っていきます。

特長

当クリニックでは「手術用ナビゲーションシステム」を導入し、最先端の医療を提供することができます。
ナビゲーションシステムは、コンピューター支援手術(CAS;Computer Assisted Surgery)のひとつで、手術前に得られる画像情報などをコンピューターで解析し、最適に画像に再現することで正確な手術を補佐するというものです。
3次元的位置を計測することにより、今までは見ることが出来なかった断層像をほぼリアルタイムで観察しながら、より的確な診断・精度の高い手術が可能になります。

ナビゲーションシステムの長所

手術の一部を機械が行う手術用ロボットシステムとは異なり、実際の手術を行なうのは医師です。

透視では表現出来なかった3D画像を術中に撮影し、観察出来ることから、スクリューなどの位置決めの精度が格段に向上します。これは手術時間の短縮につながり、術中のストレス低減、また患者さんのX線被曝も大幅に低減出来る事になります。

また、MIS(最小侵襲手術)の適用としても有効なシステムです。


脳神経外科学領域にて腫瘍・血管位置や危険部位の認識をサポートする目的で行われはじめたこのシステムは、その後、整形外科学分野でも骨に対する器具位置の表示などに応用されるようになり、当クリニックでも導入しました。
人工関節 人工関節